金持ち夫婦の秘密。

(2018年10月27日)

おりーです、

なたの知り合いに
金持ち夫婦はいませんか?

金持ち夫婦には共通点があります。

それは、、、

 

金持ち夫婦=仲良し夫婦

ということ。

いやいやいやいや、
それは金持ちだからでしょ!

生活に困ってない上に
家は使用人とプール付きで
休日はジャガーに乗って
表参道でブラブラ買い物して
3つ星フレンチ食べて
なんでも欲しいものが手に入るから
そりゃ、夫婦ケンカもないでしょ。

と思うかもしれませんが、
もう少し聞いてください。

先祖代々お金持ちという
人たちはともかく、

ゼロから富豪になるには
夫婦仲が良い方が断然有利、
だと思うのです。

なぜかといえば、
夫婦で揉め事を抱えていれば
仕事に専念することができないし、

家庭が安心できる場所でないと
仕事でチャレンジする勇気も
出てこないからです。

仮に収入が多くても
夫婦がギクシャクしていると
心が満たされない部分を
お金で満たそうと使ってしまう。

旦那が浮気に走ったり
奥さんが買い物で散財したり
お金が残らないことになります。

なので、

金持ち夫婦になりたいと思ったら
まずは夫婦仲を良くすること。

100%確実にとは言いませんが、

夫婦仲さえ良ければ金持ちになれる
確率がグーンと上がることは
間違いありません。

では、

一体どうすれば夫婦仲を
今より良くすることができるか。

そもそも好きで結婚するのだから、
夫婦仲が悪くなる要因を
取り除けば良いのです。

 

「・・・が当然!」の落とし穴。

ラブラブだった2人が
結婚してからスレ違いが始まって
最後はギスギスした関係になってしまう。

なぜ、結婚すると仲が悪くなるかというと
お互いに期待を裏切るからです。

「・・・が当然!」と思っていることが
相手にとっては正反対だったりする。

・家事は妻がやるのが当然!

・結婚記念日はディナーに行くのが当然!

・誕生日はプレゼントするのが当然!

・家計は妻で、夫は小遣い制が当然!

・子どもができたら夫も育休が当然!

・正月と夏休みは実家に帰るのが当然!

・親の介護は嫁がやるのが当然!

・毎週末は家族全員で外食するのが当然!

それぞれ育った家庭環境が違ったり
自分に都合の良い理想を描いていたり
二人の間で価値観が違う部分が
必ずあります。

それを口に出して確認することをせず
暗黙の了解と思い込んでしまう。

で、いざという時に意見がぶつかり
「なんて身勝手なやつだ!」と
相手を責めることになります。

当然してくれるであろうと
期待していたことをしてくれない夫、
期待に反することをやる妻、
お互い腹をたてることが積み重なって
信頼関係が損なわれていくのです。

要するに、

コミュニケーション不足

ですね。

自分の要求を伝えるのが下手。

相手の期待を聞き出すのが下手。

ということは、
コミュニケーションを改善すれば
夫婦仲は悪くならない。

新婚当時のラブラブな関係を
いつまでも続けることができます。

 

結婚は魂の修行。

と、斉藤ひとりさんが言っていました。

本当にその通りだと思います。

ひとりさんの場合、
いつも気に入らないことばかり
奥さんがやる、そうです。

でも奥さんの立場からしても
きっと気に入らないことが
たくさんあるのだろうと思います。

お互いに気に入らないことだらけ。

我慢したり、ムカついたり、
いがみ合ったりの毎日だったら
どんどん仲が悪くなりますよね。

そこから脱出するには、
コミュニケーションの改善しか
ありません。

・気持ちを伝える

・気持ちを受けとめる

・許す、歩み寄る

異質なものを受け入れる懐の深さと
自分を変化させる柔軟さが必要です。

なんだか抽象的な話になってしまいました。

夫婦って1つの家庭という
同じ船に乗ってはいるものの
性別も違うし、役割も違うし、
社会的な立場も違う。

だから意見が合わないのは
当たり前ですよね。

いろんな違いを
コミュニケーションで
乗り越えられたら仲良し夫婦。

まずは、あなたの期待を伝えてみましょう。

「・・・が当然!」

と思っていること。

奥さん旦那さんに期待していること。

高圧的にならずソフトに伝えてください。

「・・・と思うんだけどどう?」

金持ち夫婦への第一歩です。

下居孝之